首頁外文書文學世界文學 〉万引き家族
商品訊息
作者書籍
万引き家族

万引き家族


作者  /  是枝裕和 Hirokazu Koreeda

出版社 / 株式会社宝島社TAKARAJIMASHA,Inc.

出版日期 / 2018/05/28

商品語言 / 日文

裝訂 / 平裝

定價 / NT$585

售價 / 85折, NT$ 497

※ 有庫存可銷售


万引き家族 其它優惠/消息


introduction all_character


內容簡介

是枝裕和最新執導作品──《小偷家族》電影小說登場!
日本導演是枝裕和以《幻之光》、《無人知曉的夏日清晨》、《橫山家之味》、《我的意外爸爸》等片為台灣觀眾熟悉;今年更以《小偷家族》榮獲第71屆坎城影展金棕櫚獎,成為繼衣笠貞之助、黑澤明、今村昌平之後,第四位獲得這項殊榮的導演。擅長以家庭生活為題材的是枝裕和,其實父親正是所謂的「灣生」,生於高雄,回到日本後仍然懷念住在高雄與台南的時光。在《小偷家族》中,以平淡的敘事風格描述深刻的社會觀察,以家庭為出發點,延伸至日本的失業問題、獨居老人、以及疏離的親子關係等。「他們所偷竊的,是羈絆」,電影小說也由是枝裕和撰寫,更詳細地交待了劇中人物的過去與性格,令人重新思考家庭的意義。

第41回日本アカデミー賞にて、最優秀作品賞をはじめ6冠を獲得した、 『三度目の殺人』の是枝裕和監督が最新作「万引き家族」を自ら小説化。 是枝監督が小説で描き出す、「家族の絆」とは―――。 「彼らが盗んだものは、絆でした」 とある住宅街。柴田治と息子の祥太は、スーパーや駄菓子店で日々万引きをして生計をたてていた。 ある日、治はじゅりという少女が家から閉め出されているのを見かねて連れて帰ってくる。 驚く妻の信代だったが、少女の家庭事情を案じ、 一緒に「家族」として暮らすことに。 年金で細々と生きる祖母の初枝、JK見学店で働く信代の妹・亜紀。 6人家族として幸せに暮らしていた。 しかし、ある出来事を境に、彼らの抱える 「秘密」が明らかになっていく―――。







詳細資料

誠品26碼 /2681573371001
ISBN 13 /9784800284075
ISBN 10 /4800284074
EAN /9784800284075

尺寸18.8X12.7CM
裝訂平裝
級別
語言日文
成份0.00




Share/Save/Bookmark

查看全台書店有無此商品

 

熱銷商品