もの思う葦 | 誠品線上

もの思う葦

作者 太宰治
出版社 日盛圖書有限公司
商品描述 もの思う葦:,初期の「もの思う葦」から死の直前の「如是我聞」まで、短い苛烈な生涯の中で綴られた機知と諧謔に富んだアフォリズム・エッセイ49編。自殺未遂、麻薬中毒、

內容簡介

內容簡介 初期の「もの思う葦」から死の直前の「如是我聞」まで、短い苛烈な生涯の中で綴られた機知と諧謔に富んだアフォリズム・エッセイ49編。自殺未遂、麻薬中毒、血みどろの苦闘のなかで『晩年』と並行して書かれた『もの思う葦』から、死を賭して文壇大家に捨て身の抗議を行うために『人間失格』と並行して書かれた『如是我聞』まで。太宰治の創作活動の全期間にわたって、天稟の文学的才能と人間的やさしさをきらめかせているアフォリズム、エッセイ『走ラヌ名馬』『かくめい』『酒ぎらい』『川端康成へ』など49編を収録。【目次】Iもの思う葦碧眼托鉢II古典龍頭蛇尾悶悶日記走ラヌ名馬音に就いて思案の敗北創作余談「晩年」に就いて一日の労苦多頭蛇哲学答案落第一歩前進二歩退却女人創造鬱屈禍かすかな声弱者の糧男女川と羽左衛門容貌或る忠告一問一答わが愛好する言葉芸術ぎらい純真一つの約束返事政治家と家庭新しい形の個人主義小志かくめい小説の面白さ徒党についてIII田舎者市井喧争酒ぎらい自作を語る五所川原青森天狗春海わが半生を語る「グッド・バイ」作者の言葉IV川端康成へ緒方氏を殺した者織田君の死豊島與志雄著『高尾ざんげ』解説『井伏鱒二選集』後記V如是我聞解説:奥野健男太宰治(1909-1948)青森県金木村(現・五所川原市金木町)生れ。本名は津島修治。東大仏文科中退。在学中、非合法運動に関係するが、脱落。酒場の女性と鎌倉の小動崎で心中をはかり、ひとり助かる。1935(昭和10)年、「逆行」が、第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。この頃、パビナール中毒に悩む。1939年、井伏鱒二の世話で石原美知子と結婚、平静をえて「富嶽百景」など多くの佳作を書く。戦後、『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し山崎富栄と玉川上水で入水自殺。"

商品規格

書名 / もの思う葦
作者 / 太宰治
簡介 / もの思う葦:,初期の「もの思う葦」から死の直前の「如是我聞」まで、短い苛烈な生涯の中で綴られた機知と諧謔に富んだアフォリズム・エッセイ49編。自殺未遂、麻薬中毒、
出版社 / 日盛圖書有限公司
ISBN13 / 9784101006147
ISBN10 / 4101006148
EAN / 9784101006147
誠品26碼 / 2611200373009
注音版 /
裝訂 / P:平裝
語言 / 4:日文
級別 / N:無