ボーイズ | 誠品線上

ボーイズ

作者 レイチェル・ギーザ/著;冨田直子/訳;
出版社 日本出版販売株式会社
商品描述 ボーイズ:・共同通信(2019.4.7)|親として、大人として、男の子に語りかけるべきことは、少なくとも「男の子だから女の子に優しくしなさい」ではないのだ|紫原明子氏・日本

內容簡介

內容簡介 ・共同通信(2019.4.7)|親として、大人として、男の子に語りかけるべきことは、少なくとも「男の子だから女の子に優しくしなさい」ではないのだ|紫原明子氏・日本経済新聞(2019.4.27)|フェミニズムはこうした「男性性」のもたらす負の側面を明らかにしてきたものの、その裏で見過ごされがちだったのが、男の子がもっか陥っている苦境への対応策だと著者は指摘する・エッセ(2019年7月号)|男の子と女の子では脳からして違う? 男の子は生まれつき不器用で乱暴で口下手? ゲームは男の子に有害? 男の子がポルノを好むのは自然の欲求? 読み進めるうちに、実は自分の中に確かにある差別意識に気付かされます|柚木麻子氏・朝日新聞(2020.6.6)|一ページ読むごとに私は拘束衣を脱がせてもらうような解放を味わった。男は自然と男になるのではない|星野智幸氏女らしさがつくられたものなら、男らしさは生まれつき?男性、女性、すべての人のために。フェミニズムが台頭する今だからこそ、「男らしさ」の意味も再考するとき。自身も男の子の親である著者のギーザは、教育者や心理学者などの専門家、子どもを持つ親、そして男の子たち自身へのインタビューを含む広範なリサーチをもとに、マスキュリニティと男の子たちをとりまく問題を詳細に検討。ジャーナリスト且つ等身大の母親が、現代のリアルな「男の子」に切り込む、明晰で爽快なノンフィクション。〈目次〉はじめに――今、男の子の育て方に何が起こっているのか?1章 男の子らしさという名の牢獄――つくられるマスキュリニティ2章 本当に「生まれつき」?――ジェンダーと性別の科学を考える3章 男の子と友情――親密性の希求とホモフォビアの壁4章 ボーイ・クライシス――学校教育から本当に取り残されているのは誰?5章 「男」になれ――スポーツはいかにして男の子をつくりあげるのか6章 ゲームボーイズ――男の子とポピュラーカルチャー7章 男らしさの仮面を脱いで――男の子とセックスについて話すには8章 終わりに――ボーイ・ボックスの外へ「『男らしさ』圧力にマケズ、男の子いかに育てるべきか」。子どもに関わる大人は必読です。――堀越英美氏(『女の子は本当にピンクが好きなのか』『不道徳お母さん講座』著者)「女の子は生来的に数学が苦手だとか、月経周期のせいで優れたリーダーにはなれないという意見に対しては、批判と、豊富な証拠 マスキュリニティや男らしさの定義の狭さとは?男らしさのルールと、男の子の感情的・社会的成長を分析した一冊。

作者介紹

作者介紹 レイチェル・ギーザウェブメディア「シャトレーン」寄稿編集者であり、作家・出演者としてCBCラジオでも活躍。 ジャーナリストとして受賞歴を持ち、これまで、雑誌「トロント・ライフ」「トゥデイズ・ペアレント」、 ウェブメディア「ザ・ウォルラス」「NewYorker.com」、「グローブ・アンド・メール」紙などに寄稿している。 LGBTQで、妻と、養子に迎えた息子とともにカナダ・トロントに暮らす。冨田直子翻訳者。訳書に『ANOTHER GIRL ANOTHER PLANET』『Coming Of Age』 (いずれもDU BOOKS)がある。

商品規格

書名 / ボーイズ
作者 / レイチェル・ギーザ 著;冨田直子 訳;
簡介 / ボーイズ:・共同通信(2019.4.7)|親として、大人として、男の子に語りかけるべきことは、少なくとも「男の子だから女の子に優しくしなさい」ではないのだ|紫原明子氏・日本
出版社 / 日本出版販売株式会社
ISBN13 / 9784866470887
ISBN10 /
EAN / 9784866470887
誠品26碼 /
裝訂 / P:平裝
頁數 / 371
語言 / 4:日文
級別 / R:限
尺寸 / 18.9X12.8X2.3CM

活動