江戸の金本位制と水野家の幕閣たち | 誠品線上

江戸の金本位制と水野家の幕閣たち

作者 水野忠尚/著;
出版社 日本出版販売株式会社
商品描述 江戸の金本位制と水野家の幕閣たち:江戸時代、気がつけば金本位制。江戸時代は、関西の銀遣い、関東の金遣いと二つの通貨世界に分かれていた。関西は、目方をはかって使う

內容簡介

內容簡介 江戸時代、気がつけば金本位制。江戸時代は、関西の銀遣い、関東の金遣いと二つの通貨世界に分かれていた。関西は、目方をはかって使う秤量銀貨で、貫、匁表示の十進法であった。関東は、額面で取引される定位金貨で、両、分、朱の四進法であった。 江戸時代、気がつけば金本位制。江戸時代は、関西の銀遣い、関東の金遣いと二つの通貨世界に分かれていた。

作者介紹

作者介紹 水野忠尚1946年生まれ。1970年一橋大学経済学部卒業。1970年から2001年まで日本興業銀行勤務。この間1973~197?年ドイツ・ハンブルク大学行費留学。以後DIAM監査役など歴任。2016年早稲田大学大学院博士課程卒業。経済学博士(ドイツ経済思想)。【著書】『プレデール立地論と地政学 ― 経済のグローバル化と国家の限界』(早稲田大学エウプラクシス叢書)『作家が描いた水野家の江戸時代』(幻冬舎ルネッサンス新書)【共訳書】ジャコモ・コルネオ『よりよき世界へ ― 資本主義に代わりうる経済システムをめぐる旅』(岩波書店)

商品規格

書名 / 江戸の金本位制と水野家の幕閣たち
作者 / 水野忠尚 著;
簡介 / 江戸の金本位制と水野家の幕閣たち:江戸時代、気がつけば金本位制。江戸時代は、関西の銀遣い、関東の金遣いと二つの通貨世界に分かれていた。関西は、目方をはかって使う
出版社 / 日本出版販売株式会社
ISBN13 / 9784866413471
ISBN10 /
EAN / 9784866413471
誠品26碼 /
裝訂 / P:平裝
頁數 / 155
語言 / 4:日文
級別 / N:無
尺寸 / 19.5X13.4X1.8CM

活動