ガラス瓶の考古学(増補) | 誠品線上

ガラス瓶の考古学(増補)

作者 桜井準也/著;
出版社 日本出版販売株式会社
商品描述 ガラス瓶の考古学(増補):2006年刊行『ガラス瓶の考古学』に、新稿「コーラ瓶の型式学」を加えた増補版。ガラス瓶は、わが国では主に近代以降生産・流通するようになったガ

內容簡介

內容簡介 2006年刊行『ガラス瓶の考古学』に、新稿「コーラ瓶の型式学」を加えた増補版。 ガラス瓶は、わが国では主に近代以降生産・流通するようになったガラス製容器であるが、近代を語る物質資料として注目されてこなかった。しかし、近年は全国各地で実施される発掘調査においてガラス瓶が出土することも増えてきている。本書は、考古学界で初めてガラス瓶を取り上げた著作で、ガラス瓶の技術史的・文化史的背景について触れながらガラス瓶の観察方法や研究方法について解説した。 また、実際に近現代遺跡から出土したガラス瓶を分析することにより、考古資料としてガラス瓶を位置づけるとともに、その土地の歴史を語る物質資料としてのガラス瓶の可能性を引き出した。本書は考古学や物質文化研究を志すものにとって必携の書である。 ガラス瓶を考古資料として位置づけ、その土地の歴史を語る物質資料としての可能性を引き出す。

作者介紹

作者介紹 桜井準也1958年新潟県生まれ。1988年慶應義塾大学文学研究科後期博士課程修了(史学博士)。慶應義塾藤沢校地埋蔵文化財調査室勤務、慶應義塾大学文学部非常勤講師、助教授を経て現在、尚美学園大学総合政策学部教授。著書に『考古学とポピュラー・カルチャー』(同成社、2014)・『歴史に語られた遺跡・遺物』(慶應義塾大学出版会、2011)・『近現代考古学の射程』(共編著、六一書房、2005)などがある。

商品規格

書名 / ガラス瓶の考古学(増補)
作者 / 桜井準也 著;
簡介 / ガラス瓶の考古学(増補):2006年刊行『ガラス瓶の考古学』に、新稿「コーラ瓶の型式学」を加えた増補版。ガラス瓶は、わが国では主に近代以降生産・流通するようになったガ
出版社 / 日本出版販売株式会社
ISBN13 / 9784864451185
ISBN10 /
EAN / 9784864451185
誠品26碼 /
裝訂 / P:平裝
頁數 / 185
語言 / 4:日文
級別 / N:無
尺寸 / 25.7X18.2X1.4CM