神倉 | 誠品線上

神倉

作者 廣西昌也/著;
出版社 日本出版販売株式会社
商品描述 神倉:弟よ星が無限に落ちてきて僕らに父がいた夏がある二晩の看病を終えゆうぐれの吉野家が宇宙ステーションに見ゆ焼いてきた帰りに見えて美しき無人販売所の新キャベツ弟

內容簡介

內容簡介 弟よ星が無限に落ちてきて僕らに父がいた夏がある二晩の看病を終えゆうぐれの吉野家が宇宙ステーションに見ゆ焼いてきた帰りに見えて美しき無人販売所の新キャベツ弟が、僕が乳児になっていて父が思わずいないいなーい、日の暮れへゆっくりおりる坂道がいつか最後の友だちになる左目の上に小さな傷がある完全だって思ってたひと濃紺の夜行は富士のあたりです「いま、銀河」って声が聞こえるひも状のものが剥けたりするでしょうバナナのあれも食べている祖母内臓に光を注ぐ。僕たちはひたすら闇を壊しゆくのみ日蝕の壊れた光浴びながらサラダにすこし酢をかけて食う秋茜数限りなく飛ぶ夕べ奴隷のままで死んだ人たちソ連邦遠く聳えつテルミンの奏者が背なに引き寄せる神「歩く」と「黙る」は近き言葉にて「時間」にも多分似ていると思う一瞬に弾け生まれてほとばしる火をわかもののが盗みてゆけり中辺路を突っ切ってゆく暗さかな時間どろぼう我に寄り添う羊水のなかに身体を重ね合うリズムは二人おんなじだった乾電池抜いた空虚に指を入れ一子とつながらないか待ってる

商品規格

書名 / 神倉
作者 / 廣西昌也 著;
簡介 / 神倉:弟よ星が無限に落ちてきて僕らに父がいた夏がある二晩の看病を終えゆうぐれの吉野家が宇宙ステーションに見ゆ焼いてきた帰りに見えて美しき無人販売所の新キャベツ弟
出版社 / 日本出版販売株式会社
ISBN13 / 9784863850798
ISBN10 /
EAN / 9784863850798
誠品26碼 /
裝訂 / P:平裝
頁數 / 95
語言 / 4:日文
級別 / R:限