宮崎駿とジブリ美術館 (2冊合售) | 誠品線上

宮崎駿とジブリ美術館 (2冊合售)

作者 宮崎駿
出版社 日盛圖書有限公司
商品描述 宮崎駿とジブリ美術館 (2冊合售):日本はもとより世界中の人々が一度は訪れてみたいと思う、ジブリ美術館。ここには宮崎駿監督のこんな美術館をつくりたい、という長年の想

內容簡介

內容簡介 (限量紀念托特包已贈畢)1985年,動畫導演宮崎駿、高畑勳等人成立吉卜力工作室,發行多部動畫史上經典作品:《風之谷》、《天空之城》、《龍貓》、《魔女宅急便》...。不但橫掃各大獎,還累計無可超越的超高票房。2001年推出的《神隱少女》,更是日本首部奪下奧斯卡最佳動畫片獎的動畫!當年,以吉卜力動畫為主題而設計的美術館於日本東京三鷹成立。此書集20年之大成,紀錄宮崎駿成立吉卜力美術館的構思過程,及18個主題展覽企畫的草創規劃、創意發想。兩冊收錄近900張插畫作品,包括水彩分鏡圖、鉛筆素描、底稿、塗鴉等極其珍貴的創始草圖。是日本動畫迷一生夢幻收藏!【走進閱讀世界|迷誠品:專文推薦】標題|充滿奇想的吉卜力美術館《宮崎駿とジブリ美術館》撰文|提案 on the desk來到日本東京,一定會拜訪這間位於三鷹的「吉卜力美術館」!不僅重現吉卜力動畫的經典場面(如龍貓的貓巴士、天空之城的機器人士兵等),另有收藏手稿的閱覽室,以及播放經典動畫的電影院。本書獨家蒐錄「吉卜力美術館」開館至今的主題展覽,以及場館的手稿設計,內容豐富有趣,吉卜力迷們一定要收藏起來!☞點此進入迷誠品閱讀文章

作者介紹

作者介紹 宮崎駿 (みやざき・はやお) アニメーション映画監督・三鷹の森ジブリ美術館 館主 1941年、東京都生まれ。1963年、学習院大学政治経済学部卒業後、東映動画(現・東映アニメーション)入社。「太陽の王子 ホルスの大冒険」(1968)の場面設計・原画等を手掛け、その後Aプロダクションに移籍。1973年に高畑勲らとズイヨー映像へ。日本アニメーション、テレコムを経て、1985年にスタジオジブリの設立に参加。その間「未来少年コナン」(1978)の演出などを手掛け、「ルパン三世 カリオストロの城」(1979)では劇場作品を初監督。雑誌『アニメージュ』に連載した自作漫画をもとに、1984年には「風の谷のナウシカ」を発表、自ら原作・脚本・監督を担当した。その後はスタジオジブリで監督として「天空の城ラピュタ」(1986)、「となりのトトロ」(1988)、「魔女の宅急便」(1989)、「紅の豚」(1992)、「もののけ姫」(1997)、「千と千尋の神隠し」(2001)、「ハウルの動く城」(2004)、「崖の上のポニョ」(2008)、「風立ちぬ」(2013)といった劇場用アニメーションを発表している。また、米林宏昌監督作品「借りぐらしのアリエッティ」(2010)、宮崎吾朗監督作品「アーヤと魔女」(2020)の企画も担当。現在、最新作「君たちはどう生きるか」を制作中。2001年に開館した「三鷹の森ジブリ美術館」では企画原案・プロデュースを担当し、館主を務めている。

商品規格

書名 / 宮崎駿とジブリ美術館 (2冊合售)
作者 / 宮崎駿
簡介 / 宮崎駿とジブリ美術館 (2冊合售):日本はもとより世界中の人々が一度は訪れてみたいと思う、ジブリ美術館。ここには宮崎駿監督のこんな美術館をつくりたい、という長年の想
出版社 / 日盛圖書有限公司
ISBN13 / 9784000248938
ISBN10 / 4000248936
EAN / 9784000248938
誠品26碼 / 2681960223005
尺寸 / 36.4X25.7X2CM
裝訂 / 平裝
頁數 / 598
語言 / 日文
級別 /

活動